ヒトと自然をつなぐ、若狭の海・湖・山を知り尽くした若きあそび人たち。

あそぼーやのツアーガイド紹介

藤野久美(くみちゃん)

あそぼーやのリーダーであり、ガイドの中で紅一点。小さなことは気にしない、男勝り?それともオッサン?のような自称「若狭の美人担当」。パムコで接客したり、スポーツイベントでMCをこなしたり、スキューバーしたり、サバンナに行ったことがあったり、サルやシカを一日中追いかけた経験があったり、そしてお酒も大好きなオールマイティーなヒトです。自然といきものを愛してやまない“パッショニスタ・ガール”です。

スタッフ 藤野

自然の素晴らしさを、思いっきりあそんで、五感で!心で!感じてくださいっ。一緒に楽しみましょう〜♪

清水宇宙(うちゅー)

若狭のスポーツとお笑い担当。若狭の自然と戯れることが大好き。ロードバイク、トレイルラン、スノーボードなど本格的なスポーツマンだけど、マイブームはけん玉(ハマるのには理由があるので聞いてくださいね)。自然の中でのおしゃべりも大好きで、お客様と盛り上がり過ぎちゃうこともしばしば(笑) さらに、あそぼーやでは一番メカ系に強く、動画なんかもサクッと作っちゃいます。あそぼーやの動画はすべてうちゅー作です!

スタッフ 清水宇宙

好きなたべものはカサゴ。恐いけど好きなのは、オニカサゴ。ちなみに、宇宙の読み方は「たかおき」です♪

和多田裕己(わたやん)

根っからの海好き原始人。子どもの頃から海を遊び場にしてきた海好き男。最近は火おこしにハマりだし、舞切り式火おこし道具を試作・実践しています。取った魚をその場で調理する自給自足の生活を夢見ている。体を動かすことも大好きで、30歳になる今でも、高校生の頃に部活動で行っていた体幹トレーニングを続けている。体毛が濃いことにちょっと悩んでいて、永久脱毛に行くかガムテープで我慢するか思案中。文化的な一面もあり、三度の飯より似顔絵を描くのが好き!似顔絵は世界を救う!と密かに思っている三十路の謎男。若狭路自遊楽校の校長でもある。

スタッフ 和多田

「自分、マニアックだな」と思っているそこのアナタ!ぜひ、お話ししましょ。

足立修一(あだっちゃん)

動物や魚になりたい若狭のハンター。出身は岐阜県瑞浪市の釜戸町という山々に囲まれた集落。学生の頃に突然若狭に移り住んできた異端児。常に冷静沈着だが、胸のうちには熱いものがいっぱい。狩猟免許を持っていて、休日には野生のシカやイノシシを探して山の中をうろうろしている。捕まえた獣は自分でさばいているので、自宅の冷蔵庫は鹿肉と猪肉でいっぱいなのだそう。若狭路自遊楽校の教頭でもある。

スタッフ 足立

山の動物、海の魚たちは最強の生きる力を持っています。彼らのようなたくましい男に俺はなる!

田辺一彦(かっくん)

若狭の自然をこよなく愛する、若狭イチバンのあそび人。地元の美方高校から、東京での中央大学時代までボート部に所属。生粋の体育会系で、自称「脳みそ筋肉男」は、ボートでオリンピック出場を目指しましたが、念願叶わず帰省…(泣)。久々に故郷・若狭に戻ると、自然の素晴らしさにあらためて感激したわけです。そしてひらめきました!若狭の豊かな自然と観光業に携わる人、地元に生きる人、若狭を訪れる皆さんすべてが、幸せになれる場所をつくりたい。
そこで『みんなが笑顔になれるステキ・若狭・日本一』という目標を掲げ、その第一歩として「あそぼーや」を始動。若狭の自然を愛する第一人者として、カヤックガイドからスノーケラー、うなぎ捕り人、里山探検隊まで何にでも変身します。ちなみに子ども合宿やキャンプでの愛称は『かっくん』。年齢的にきわどいですが、行けるところまで行くつもりです(笑)。自然あそびマイスターとして、そして『地ビール・梅風呂の宿 湖上館パムコ』の館主として、みなさんを笑顔でいっぱいにしますよ!