※このツアーは受付を終了しました

■ツアーの種類:日帰りツアー・宿泊ツアー
■日程:
第1回 2017年1月21日(土)13:30~(約2時間)
第2回:2017年2月4日(土)13:30~(約2時間)
■集合:13:00(湖上館パムコ)
■解散:15:30(現地)
■料金:3,500円/現地払い(宿泊は1,000円引き)
■活動場所:三方五湖(水月湖と三方湖近辺)
■参加資格:誰でもOK
■持ち物:双眼鏡、カメラ、飲物など(レンタルも有)
※レンタル(双眼鏡、ザック等)をご希望の場合は予約時に申し込みください。
■服装:暖かく、動きやすい格好。長靴、レインウェアなど
◆最小催行人数:2名/最大:12名
◆集合場所は湖上館パムコ(開始の30分前に集合)
◆現地までは各自の自家用車で移動

ガイドと一緒だから初心者でも楽しい!三方五湖バードウォッチングツアー

講師紹介

バードウォッチング
ツアーガイド・小嶋明男 氏
◆日本野鳥の会福井県の理事
◆自然公園指導員(環境省自然環境局長 委託)
◆地元、三方小学校の元・校長先生!
◆愛称:小嶋先生
バードウォッチングが初めてでも大丈夫!豊富な知識と、元小学校の先生ならではの身振り手振りのトークで、分かりやすく教えてくれます♪

~越冬・最西端の地~「若狭町でオジロワシに出会おう」

三方五湖で見えるオジロワシ若狭の名勝・三方五湖は、たくさんの鳥たちが訪れる「バードウォッチング」スポットとして有数な場所のひとつです。越冬の時期になると、たくさんのカモたちやコハクチョウが訪れます。その中でもひときわ存在感をはなっているのが、翼を広げると2メートルにもなる「オジロワシ」のペア。なんと若狭町は、オジロワシが越冬地とする『日本・最西端の地』なのです。

今回観察するオジロワシですが、最初に確認されたのは1羽だけでした。それが年数を重ねていくうちにペアで観測されるようになったのです。今では毎年ペア訪れるまでになりました。ヒトには気付かないほどの小さな変化も動物たちは感知します。“今年もこの若狭町を選んでくれるように…”と野鳥の会、地元住民の方々の協力・長年の活動なしでは、このツアーは誕生していないでしょう。

三方五湖で見えるオジロワシオジロワシが若狭町に越冬する期間は、1~2月のわずか2ヶ月足らずです。「とんびみたいな感じかな?」と想像している方もいらっしゃるかも知れませんが、いえいえ!見た瞬間「比べ物にならない大きさだ!」と驚くことでしょう。オジロワシの象徴である白い尾羽が、大きくターンする度に太陽の光を浴びて美しく光ります。見られるどうかは運次第!のハンティングは息をのむ迫力です。

感動と迫力を、この冬体感してみませんか。少人数での開催、ベテランガイドとともに、「じっくり」バードウォッチングを楽しみましょう。オジロワシの他にも、ミサゴ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモなどが観察できます。

タイムスケジュール

13:00…パムコ集合&受付
13:30…出発 小嶋先生による簡単なレクチャー、オジロワシの観察
15:00…終了(現地解散)

詳細・ご予約

ご予約について
※このツアーは受付を終了しました